抗がん剤を使うなら、副作用など詳しい知識を知っておくべきです

抗がん剤って何?

「抗がん剤って何?」のイメージです。

がんの薬物療法は、細胞の増殖を防ぐ抗がん剤を用いた治療法で、がんが増えるのを抑えたり、転移や再発を防いだり、
小さながんで転移しているかもしれないところを治療するためなどに用いられます。

手術治療や放射線治療が局所的な治療であるのに対し、抗がん剤はより広い範囲に治療の効果が及ぶことを期待できます。
このため転移のあるときや転移の可能性があるとき、転移を予防するときや血液とリンパのがんのように広い範囲に治療を行う必要のあるときなどに利用されます。
抗がん剤単独で治療を行うこともあれば、手術治療や放射線治療などのほかの治療と組み合わせて抗がん剤治療を行うこともあります。

また薬物療法には、単独の薬剤を使って治療する場合と数種類を組み合わせて治療する場合があります。
作用の異なる抗がん剤を組み合わせることで大幅に効果を高めていくことができるでしょう。

なお抗がん剤は作用の仕方などによっていくつかの種類に分類されています。
化学物質によってがんの増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療を「化学療法」と呼びます。
一方でがん細胞だけが持つ特徴を分子レベルでとらえて、そこから標的にした薬である分子標的薬を用いて行う治療を「分子標的治療」と呼びます。
また、がん細胞の増殖にかかわる体内のホルモンを調節して、がん細胞がふえるのを抑えるホルモン剤を用いた治療を「ホルモン療法(内分泌療法)」と呼んでいます。

ただ抗がん剤にはたくさんの副作用があるので、いくら効果的だとしても時には抗がん剤によって強烈な副作用に襲われてしまうことがあるでしょう。
だから副作用に関しては常に気をつけていく必要があります。

当サイトでは抗がん剤の副作用や、がんの種類などについて紹介していきたいと思います。

生まれる原因って?

がんはどのようにして発生していくのか?今回はがんが生まれる際の流れについて説明しておきましょう。実はこのような形で人間のがんというのは生まれるようになっています。

乳がんについての話

乳がんは女性にすごくよく見られるタイプのがんとなっています。今回は乳がんに関する内容を紹介しておきましょう。女性の多くは乳がんになりやすい傾向にあるので、あなたも危険かもしれません。

© 抗がん剤を使うなら、副作用など詳しい知識を知っておくべきです