生まれる原因って? | 抗がん剤を使うなら、副作用など詳しい知識を知っておくべきです

抗がん剤を使うなら、副作用など詳しい知識を知っておくべきです

生まれる原因って?

「生まれる原因って?」のイメージです。

がんに関わる遺伝子というのは、実は命を誕生させるのに必要だといわれています。
人間の体というのはいろんな細胞によって成り立っています。
ひとつの受精卵から細胞が分裂を繰り返すことにはじまって、ひとつの生命としていろんな組織や機能を担う臓器が作られるわけです。

正常な細胞というのは主に体とその周辺の状態に応じて増加したり増加しなかったりします。
そして増えた細胞というのは脱落することがあり、たとえば胎児がとある時期に指の間にカエルの水かきみたいなものができますが、これはしばらくすると脱落していきます。
皮膚や腸管といった細胞は古くなった細胞から徐々に脱落し、そこからまったく新しい細胞に変わるようになっているのです。
これは遺伝子によって一連の仕組みが制御されています。

そして我々人間の体内には変化した遺伝子を監視する仕組みが存在します。
常に監視できるようになっているので、本来であれば常に正常な状態を保つことができるようになっているのです。
しかし、ときには異常な細胞が監視の目をすりぬけることがあったりします。
すると他のところに移転したりして、細胞がずっと増え続けることになり、最終的には体に害を与える状態になってしまいます。
つまりこれが「がん」になるわけです。

がんがなぜ発生するのか?という疑問は誰しもあると思いますが、がんの発生はまさに命の誕生や維持のための仕組みに大きく関わっていることがわかります。
だからこれからがんを予防していくためにも、まずは健康的な状態を維持できるように心がけることが大事です。
そうすることで誰しもがんが発生しにくい体となります。

© 抗がん剤を使うなら、副作用など詳しい知識を知っておくべきです