飲むときに気をつける | 抗がん剤を使うなら、副作用など詳しい知識を知っておくべきです

抗がん剤を使うなら、副作用など詳しい知識を知っておくべきです

飲むときに気をつける

「飲むときに気をつける」のイメージです。

今回は抗がん剤を使う際の注意点をいくつか挙げていきたいと思います。
抗がん剤という薬はすごく優秀ですが、実際にはいろんな副作用が出てしまうおそれがあるので、とにかく副作用を発生させないようにしなければいけません。

よく抗がん剤の副作用で頻度が高いといわれているのが白血球の減少によって生じる感染です。
そのため、ちゃんと手洗いうがいといったことは誰よりもしっかりとこまめに取り組む必要があるでしょう。
外から帰ってきたら必ず手洗いとうがい、そしてもちろんですが寝る前もうがいをする。
ちなみに水道の水でもまったく問題ありませんので、まずはひたすらうがいの回数を増やしていくようにしましょう。

そして抗がん剤の副作用として口内炎もよく起こるので、口内炎の予防を歯ブラシでしてほしいところです。
ただし歯ブラシをする際にはできるだけ小さめでかつ柔らかいものを使っていきましょう。
固いものを使ってしまうと、口のなかを傷つけてしまい炎症が起こってしまうかもしれません。

あとは抗がん剤治療をしている人は、常に体を清潔な状態に保つようにしてください。
抗がん剤治療をしてる間は主に粘膜に傷がつきやすいので、そこから細菌が入ってしまうわけです。
また皮膚が乾燥することによって傷はさらにつきやすくなりますから、絶対に保湿クリームは欠かさずに持っていてほしいと思います。
これによって手足症候群も起こりません。

最後に、タバコとお酒は絶対に控えること。
実際に抗がん剤治療をおこなっているにも関わらず、ついやってしまっているという人は多いと思います。
抗がん剤を使っていると味覚は大きく変化しやすくなるので、食べ物を食べても一切味を感じなくなる可能性があります。
だからすぐにタバコとお酒はやめるようにしてください。

© 抗がん剤を使うなら、副作用など詳しい知識を知っておくべきです